HOME>オススメ情報>治療後の使い心地と審美性確保のために必要なこと

さまざまな方法がある

診療室

インプラント治療は歯を失った際の噛み合わせを回復するための方法です。歯を失った部位の顎の骨に人工の歯根を埋め込みます。つまり、埋め込む部位には十分な顎の骨が必要となります。しかしながら歯を失って長時間経過している場合など顎の骨が衰えているケースもあります。その場合は埋め込む治療の前に、骨移植をする必要があります。骨移植の方法にはさまざまなものがあり、自分自身の骨を使用するものとしてブロックグラフト法があります。患者のある部位の骨をブロック形状に切り取り、移植する方法で、自分自身の骨を使用する安心感が特徴です。ただ、骨を採取するための手術が別に必要なので治療期間や費用は高くなります。

選択肢を増やす

歯科治療

インプラント治療の歴史は長く、方式や埋め込む器具もさまざまなものがあります。埋め込む部位の骨が少ないと治療方法も限られます。骨移植により十分な顎の骨を回復できれば治療方法の選択肢を増やすことができるので、より希望する治療を選ぶことができます。また、噛むことによりインプラントにも強い力が加わりますが、十分な顎の骨があれば、それを支えることが可能なので、治療後に長期間安定して使用することが可能になります。

審美性に関すること

歯医者

インプラント治療における骨移植の作用は埋め込んだ人工の歯根の安定です。治療後に土台となる部分なので、インプラント治療の成功に欠かせないポイントとなります。もうひとつは審美性です。歯が抜けた部位の顎の骨が十分でない場合、高さが足りなくなることもあります。この状態で治療をすると歯の高さが変わり、審美性が悪くなります。しかしながら骨移植を行い、顎の骨の高さを回復できれば、審美性も高い治療を行うことができます。

広告募集中